勧誘のやり方を勉強して欲しい(004)

田舎在住、人口の減っている地域なので、

20代・30代の人間が貴重なせいか…どこにいっても、別の団体に誘われます。

 

勧誘側の判断基準は、

・年齢

・肩書き

 

の2点だけ。

自分たちの団体や活動内容の説明の前に、

とにかく入ってくれ、人が足りてないと繰り返す。

 

勧誘がセールス・営業という自覚がないんだろう。

それとも、自分の団体に自信があるか。

 

 

 

 

奇跡のレッスン(ラグビー編)エディー・ジョーンズ回(003)

毎回、大物指導者が登場、普通の子どもたちを指導する番組。

今回はエディ・ジョーンズ氏。

2015年までラグビー日本代表監督、現イングランド監督。

 

オーストラリア出身、現役時代は代表経験がなく、指導者のキャリアは高校のラグビー部コーチからスタート。

指導力が認められて、って人、たまにいますよね。

マチュアの指導者層が分厚い証拠だし、

マチュアからプロまで、指導者が行き来できるからできる。

 

高校ラグビー部の選手なら、(誰が来るか知らなくても)

エディー・ジョーンズを見たら、誰だかすぐに分かりますよね。

以前のランディ・ジョンソン回では、父兄しか分からなかったのと好対照。

 

練習は常に試合を想定。

そんな場面などないなら、その練習は不要。

3対3で敵を止める練習、何のためにやってるの?など。

 

しかし、コーチはよく見てますね。

選手のプレースタイルや性格などすべて。

 

練習を10分見ただけで、少し積極的になった、タックルのコツを掴んだなど。

「あの選手が自分から声を出した」と涙ぐむなど。

受け持つ選手が多い(高校だと試合に出る子だけで30人)し

チェックするのも大変だろうけど。

 

練習は、細かい技術的指導より「声のコミュニケーション」が中心。

ラグビーは状況判断も大事だし、ラインの調整や選手間の距離、マークなど

まともな連携をするには、お互いに声を出し合わないといけない。

(試合に行くと、選手の声がよく聞こえます) 

 

最終日の大学生相手の試合でも、見事勝利。

二部、1・2年主体のチーム相手とはいえ、大金星です。

相手の監督も「前日の練習と比べ、全然良くなってる」と。

 

見る人がみれば、すぐ分かるんですね。

 

情熱大陸 棚橋選手の回 18.9.30 MBS (002)

大型台風が来てたので、逆L字型の災害情報付き。

この時期の放送は仕方ないですね。嫌ならBSの再放送かソフト化を待とう。

 

過去に膝の靭帯を断裂してるので、普段から膝をひきづってる。試合会場入りするときも、歩き方がおかしい。あれでよく空中殺法ができるんだ。

 

料理のブログ、自撮りのインスタ。毎日やってる。料理の炭水化物抜き、脂抜きのやり方が、コンテスト直前のボディビルダーのそれ。体を大きくするのがプロレスラーの仕事だと思うけど、摂取してるカロリーが一般人と変わらない。膝の負担を軽くするって目的はあるけど、これでパワーを出せるんだろうか。

 

「チャラさをプロレスに持ち込んだのは僕」練習してたら自動的にスターになれると思ってたが、身売りと選手の大量離脱。盛り上げようと色々やって今の地位に。取材も多いし、主演映画が現在公開中。

 

番組のテーマ的に、低迷期のエピソードはなし。人気が低迷してたという話と、道場から猪木さんの写真を外した話だけ。ファンがついていってるのは「プロレス低迷期に引っ張ってた」というストーリー性が大きいと思うけど、わざわざ暗い話をする必要はないらしい。

 

ブログを始めました(001)

気軽に行きましょう。

TAKE IT EASY !

 

2)

見たテレビ・映画、読んだ本の感想などを

自分なりの目線でまとめようと思います。

文字数は400〜600字、TwitterFacebookの間くらいです。